駐在員向け賃貸物件仲介、業界ナンバーワンのディアライフが教える賢いお部屋探し Vol.4

駐在員向け賃貸物件仲介、業界No.1のディアライフが教える賢いお部屋探し。

今からお部屋探しを考えている方に対し、ディアライフ社代表、安藤功一郎氏が現場から見た視線で的確なアドバイスを送る当企画。4回目の今回は、複数の方から問い合わせがあった「メイドを雇う際の注意点」です。

 

Q: 今年の秋より赴任が決まっている者ですが、前任者からタイではメイドを安く雇うことができ、なんでもやってくれるよと聞き、家内共々大変興味を持っています。ただ、デメリットなどもあると思うので詳しいところが知りたいです。32歳・会社員・男性

メイドさんは会社の同僚、友人などから紹介してもらうのが一般的ですが、弊社ディアライフでもご紹介しています。弊社で紹介するメイドさんは日本人家庭での勤務経験のあるメイドさんになりますので、はじめてメイドさんを雇う方でも安心です。相場は週3回の勤務で月2000バーツから、といったところになります。“なんですが!”元も子もない話をしてしまうと、日本人会が会員限定に派遣しているメイドさんがクォリティーが高い!と定評があり、そちらを利用されるのがベストかと思います。(※詳細情報はこちらを参照。http://www.jat.or.th/?cat=24

 

(編)有用な情報ありがとうございます(笑)。実際メイドさんにはどのようなサービスをお願いできるのでしょうか?

掃除、洗濯、アイロン掛けが一般的にお願い出来る業務内容になります。料金は、お部屋の広さや居住される人数(単身、妻帯者、家族連れの場合×人数)によって変わります。これはひとえに洗濯物の量が変わるためです。これ程の安価で、脱衣カゴに洗濯物を入れておけばアイロン掛けまでされて戻ってくるわけで、特に単身者の方にとっては魅力的ですよね。そこからオプションで、買出し、料理、子供の送迎などを依頼できますが、料金はケースバイケースです。

 

(編)コミュニケーション方法、注意すべきなどありますか?

 皆さんよくやられてるのは、具体的な要望、注意点など会社のタイ人スタッフにタイ語で書いてもらいメモをテーブルの上に置いたり、LINEでコミュニケーションを取られてますね。ポイントとして、雇い入れる際に必ず顔合わせすることをお勧めします。これがあるとないとでは信頼関係がだいぶ違ってきます。注意点としては、完璧さを求めすぎないこと。ダスキンさんの様な業者さんに頼んでいる訳ではないので、掃除にしてもアイロン掛けにしても不満を言い出したらキリがありません。あとは気を許し過ぎないこと。例えば、現金をテーブルの上に置いておくのは流石に不用心過ぎますね。金庫を壊してまで中の物を盗んだりしたケースは聞いたことがありません。更に細かいことを言うと、あまりケチケチしないこと。消耗品の買出しを頼んだ際、交通費も渡さず、1バーツ単位でお釣りを徴収しているようではなかなか信頼関係は生まれませんから(笑)。

(編)よく分かりました。ありがとうございました。

ディアライフへご質問やお問い合わせ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here