[終了] 4/27開催 ミャンマー進出セミナー

~現地ビジネスに精通した講師陣がミャンマー進出のシナリオを徹底解説~

「アジア最後のフロンティア」と言われるミャンマー。民政移管と市場開放により、経済も順調な発展を遂げています。そうした流れの中で日本とミャンマーが官民一体となり「ミャンマー・ティラワ経済特区(SEZ)」の開発プロジェクトも始まるなど、進出を検討される日系企業も増加傾向にあります。今回は現地のビジネスに精通した講師陣が集まり、日本のマスコミが報じないミャンマー進出日系企業の現状と今後の展望、知っておきたい進出先の留意点、仕事で最大の成果を出せる「ミャンマー人」との付き合い方をテーマに講演いたします。

セミナーお申込フォーム

セミナー概要

日程・会場

2018年4月27日(金)13:00~17:00  (開場 12:45)

PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER(THAILAND) CO., LTD ルーム NO.7 ギャラリー21

L, UL FLOOR Interchange 21 Bldg, 399 SUKHUMVIT ROAD, KLONTOEY NUA, WATTANA, BANGKOK

アクセス方法はこちら

会場の都合上、お席に限りがございますのでお早めにお申し込みください。

参加費

2,500THB(税込)

対象

ミャンマー進出を検討中、または興味をお持ちの企業、個人事業主のご担当者様

※ 同業者の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

内容

[セミナー内容]

セミナー開会のご挨拶 13:00 ~

 

第一部 13:10~ 14:00(ビジネス関係について)

現地メディアでしかわからない真実のミャンマー情報

「ミャンマーの現状と将来性」

ミャンマーは進出に値する国か

講師 栗原富雄氏

YangonPress編集長兼CEO、一般社団法人日本ミャンマー文化経済協会専務理事・ヤンゴン事務局長
1949 年 東京生まれ。
1966 ~68 年にかけて高校を休学して 2年間欧州、アジア、米国を放浪。
1970 年、米国ニューヨークへ。 2 年間NY の私大に留学。
1972 年 帰国後、集英社で嘱託。
1975 ~1988 年ブルータス、週刊宝石などの取材記者。
1989 年 月刊「Sven Seas」副編集長。
1992 年 同編集長。以後 月刊「Vacation」編集長
月刊「MOKU」編集局長を経て2001年にフリーランスに。
2013年 Yangon Press創刊
<VIP取材> ダライラマ14 世、ゴルバチョフ元ソ連大統領、Dロックフェラー、アウンサン・スーチー他。
<著書>「高校生世界一人歩き」(1969 年)「ニュースキンの逆襲」「あの助っ人外人たちは今」「不動産広告の裏を読め」「アンチエイジング革命」他多数。

 

第二部 14:10~15:00(現地の生活事情について)

知っておきたい進出先の留意点(不動産やインフラ、交通事情、日本食や生活事情など)

講師 石川貴志 氏(代表取締役社長) 内山恵利 氏(ヤンゴン支店長)

ヤンゴンやネピドー、マンダレーなどの物件も扱っている日系不動産Ishikawa Shoji Co., Ltd

 

第三部 15:10~16:00

仕事で最大の成果を出せる「ミャンマー人」との付き合い方

講師 ミョータン氏

日本在住歴18年、現在ヤンゴンにて留学生や技能実習生のための日本語学校M&K CO.,LTD校長を務める

 

第四部 16:10 ~17:00

ミャンマー進出に関しての質疑応答

 

※講師陣や会場など変更となる場合がございます。

お申込
セミナーお申込フォームよりお申込み下さい
主催

BIZAIA CO., LTD

共催一覧

Yangon Press、Ishikawa Shoji Co., Ltd、M&K CO.,LTD (順不同、敬称略)

お問合せ

BIZAIA CO.,LTD
1044/14  Soi Sukhumvit  44/2 PhraKhanong ,Klongtoey,Bangkok10110
http://www.bizaia.com
セミナー事業本部 担当: 佐藤
TEL:062-709-0720
▶ メールでのお問合せasia@bizaia.com

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here