中国ニュース (Nanaco Geekly News)

330

Costco(コストコ)中国1号店が開店

会員制ウエアハウス量販店の「Costco」中国第一号店が8月27日、上海市の閔行区で開業しました。出足は好調で、訪れる顧客の車で店舗周囲は渋滞も目立ちました。

「Costco」では、消費者は会員費を先払いし、初めて店内でショッピングができます。ゴールドカードは年会費が299元(約4450円)。公式の発表では、Costcoの非食品類の各種商品は価格が相場より30%から60%安く、食品類については10%から20%低い水準に抑えられています。

会員募集は7月1日からスタートしましたが、すでに関係者の予測を上回り、数万人の規模に達しています。

Costcoは2014年にアリババと提携しネットショップを開業。その運営経験にもとづいて、実店舗の立地も決めたとされます。

開店初日の様子 (出展 CNBC)


Xiaomi 小型黒板を49元で発売

「シャオミモール」(小米商城)がこのほどシャオミミージャ―(小米米家)の新製品、液晶小型ボードをリリースしました。

10インチと13.5インチの2モデルがあり、小売価格は10インチが49元(約730円)、13.5インチが99元 (約1470円) です。

この小型ボードのデザインはシンプルな白を基調としており、ビジネス用途はもとより、家庭では伝言ボードや子どもの落書きツールとして活用することができます。



筆跡が鮮明に表示されるほか、本体の背面はABS樹脂とフィレット設計が採用され、携帯が便利で、エコロジーへの配慮も施されています。

インク・トナーやブルーライト、有害な光線とは無縁で、長時間使用しても眼が疲れにくいなどの特長があります。消費電力も少なく、描いたものを1日100回消去を繰り返しても、ボタン電池1個で365日の使用が可能です。

xiaomi 公式サイト