中国出張で快適にネットを使いこなすには

45

中国は、日本と違いネット環境が全く異なる

中国ではGmail, LINEなどのメール、コミュニケーションツール、GoogleやYahooの検索も使えません。
さらには、Facebook, Twitter,インスタなどのSNSやYoutubeも使えないです。

なぜなら、中国には、 金盾(グレートファイヤーウォール)という中国政府のネット検閲システムがあり、不都合なネットサービスや情報には接続制限がかかっています。

個人で自由に情報発信できる中国発以外のツールであるSNSはこの接続制限になってしまいます。
ネット検閲に加え、中国の政策支援により、独自のSNSを形成するようになった 中国国内では、 テンセントが提供しているwechat(微信)やQQというコミュニケーションツールが多く使われています。

ネット環境を準備せずに中国出張は危ない

中国国内では、ウェブ検索やSNSが使えないことは先ほど述べたとおりですが、
Googleの全サービスが使えません。
GoogleマップやGoogle翻訳は使えないし、いつもファイルをクラウド保存している場合、保存先がGoogleクラウドだったりすると、使えなくなってしまうのです。
準備せずに出張に向かうと、中国についたとたんに、情報難民となる可能性があります。検索もできず、地図も開けず、言葉も通じません。
最悪、滞在先のホテルすらへもたどり着けなくなるかもしれません。

中国でも制限なくネットを使う方法とは

これほど制限されている中国でも、全く制限のないネット環境を作ることが可能ですので、いくつか紹介していきます。

◇VPN経由での接続

Virtual Private Network
(バーチャル プライベート ネットワーク)は、インターネット(本来は公衆網である)に跨って、プライベートネットワークを拡張する技術、およびそのネットワークである。VPNによって、イントラネットなどのプライベートネットワークが、本来公的なネットワークであるインターネットに跨って、まるで各プライベートネットワーク間が専用線で接続されているかのような、機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの恩恵などが、管理者や利用者に対し実現される。
仮想プライベートネットワーク、仮想専用線とも呼ばれる。
wikipediaより

一般的にはセキュリティ面のために使われることが多いVPNですが、別地点から接続しているようにするという面でこの中国のネット制限を避けることができます。
中国でスマホやpcを使っているが、VPNを経由して日本から接続しているようにすれば、googleやlineも普通に使えるようなるわけです。


VPNは無料で提供しているサービスや有料のものあり、アプリを使って接続できるものや設定をしないといけないものなど様々な種類があります。
近年ネット規制をより強めている中国政府ですので、制限を解除できるVPN,制限できないVPNなどもありますので、事前に情報収集してからVPNをお使いすることをお勧めします。

【2019年版】中国で使えるオススメVPN|全て現地で確認済み!
中国の規制は日々強化されていて、2017年1月から始まり、取り分け10月の大規模な規制以降多くのVPNプロバイダーのサーバーがブロックされています。2018年中に何度も中規模なVPNサーバーに対するIPブロックが行われて来ました。 べすとVPN

◇データローミングで接続

中国以外SIMカードでデータローミングをする場合、一度SIM発行国につながるためか、ネット規制されることなく、接続することが可能です。
ご存知だと思うが、データローミングは使ったパケット量だけ課金させるため、ビジネスで使うとなると相当高額になる心配がでてきます。
ソフトバンクでは海外パケットし放題といった定額プランがあるが、 2,980円/日とそれでも高額な通信量になってしまいます。


海外で発行されている海外データローミング専用で使い放題プリペイドSIMなどがアマゾンで販売されています。

例えば、 タイのAISというキャリアが発行しているSIM2FLY
8日間で6GBでアジア周辺国20か国で使えるデータSIMカードで、中国にも対応しています。
(2019年6月に中国訪問時にiphoneで全サービスを問題なく使えることを確認済み)

◇中国で利用可能のアプリ/ツールを使う

これは、制限なく使用するというのとは異なりますが、中国国内仕様のアプリを準備するということです。
ブラウザなら baidu.combing.comを利用。
SNSなら、WechatやWeibo、QQ、 Skypeなど
地図は、 Baidumap(百度地图)
翻訳は、百度翻译 といった感じに、現地中国人が使っているツールを使うということです。
これを使う場合には、中国語しか対応していないものもありますので現実的ではないかもしれないです。

準備しすぎるぐらいがいい

Beautiful stylish groom’s cufflinks on the shirt

先ほども述べましたが、近年ネット監視強化が進んでおり、今まで使えていたVPNが使えなくなったや抜け道ツールが使えないなどが話題になっています。

中国に行く際は、 VPNを2社契約するとか別会社のSIMカードを用意するなど 2重3重に用意周到で行ったほうがいいかもしれないです。せっかくの出張なのに、ネットがろくに使えずに仕事にならなかったとなれば全く無駄になってしまいますので。
皆様の中国での安全で快適なネット生活と出張ができますように。。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here