3つの世界から視るベトナムでのマーケティング事例 Vol.3

24

第3回 和僑の成功事例

第3回目になりました。今回は、ホーチミンで元気・活発な「和僑」を取り上げたい。「和僑」とは、海外に進出した起業家や企業の駐在員など世界各地に居住して活動する日本人の呼称である。中国国籍を持ちながら海外に居住している「華僑」にちなんだ造語である。
いつも通り、キュビズムの思想を注入し、ベトナムでのマーケティング事例を多元的な世界観で論じてみたい。

その世界観は、下記の3つである。

1 ハード視点
2 ソフト視点
3 一般理論・法則

一般的なビジネスパーソンは、ビジネス書などで「一般理論・法則」(いわゆる知性的世界)を学び、「ハード視点」(いわゆる物理的世界)により実践する。ただし、ビジネスでの成否は、「ソフト視点」(いわゆる心理的世界)を理解し、もう一つブレイクダウンした視点ができるかにどうかにかかっていると言っても過言ではない。つまり、生活者ニーズの理解である。それを可視化しているのが、私の仕事である。実際の事例をもとに、紹介していきたい。

 

欧米人からの人気も獲得したイタリアン・レストラン

ベトナムでは、「和橋」と呼ばれる日本人起業家が多い。実は、この「和僑」の起業家と就職氷河期(1993―2004年)に卒業した社会人との相関が高い、という統計がある。日本の大企業が元気なく、失われた時代と叫ばれていた時に、エネルギッシュな日本の若者は日本国内ではなく、「和僑」としてベトナムなどの海外に飛び立っていたのである。現在、「和僑」の中で成功者が多く出始めており、海外で「和僑」が賑わっているのである。

「和僑」が提供しているビジネスの中で最も多いサービスは「飲食業」であろう。

一般的に、日本人駐在員向けのサービス展開が多い中で、日本人のみならず、欧米人やベトナム人にも人気がある高級イタリアン・レストランがある。

この高級イタリアン・レストランは、日本人のみならず、欧米人の富裕層をメインターゲットとして、世界レベルの視点で本格的な味と雰囲気を実演(ハード視点)することで、そのレストランのポジショニングを確立した。加えて、富裕層が多くなってきたベトナム人もメインターゲットになっていくSTPマーケティング(一般理論・法則)が明確であったと言えよう。

仮に、そのレストランのポジショニングが日本人向けの高級イタリアン・レストランであったら、こんなに迅速かつ円滑にベトナム人富裕層の顧客獲得は難しかったであろう。

「和僑」の素晴らしいセンスのある人財が、ターゲット顧客の求める価値(ソフト視点)に合うように、ある食品は内製化で用意するなどで品質を担保し継続できている。

今回は、ベトナムで成功している「和僑」の典型的な事例を紹介した。このレストラン以外でも、「和僑」の素晴らしいセンスを生かした製品・サービスが、外国人顧客を獲得していくことを期待したい。

 

一般理論・法則―STPマーケティング
マーケティングとしてのSTPマーケティングは、効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法。「セグメンテーション」「ターゲッティング」「ポジショニング」の3つの頭文字をとっている。まずは、セグメンテーションとして市場全体をいくつかのニーズの似ている顧客層に分類し、ターゲティングで、標的顧客層を決定し、ポジショニングは、決定したセグメントの中にある他社の競合製品・サービスとの自社の立ち位置を決めること。

 


根岸正実(ねぎし・まさみ) INTAGE Vietnam LLC Managing Director
経験:日系調査会社にて20年近く海外リサーチャーを経験。主に、自動車・電機メーカーのグローバル調査を支援。リーマンショック後は、アジア新興国での生活者調査・インド支社設立に従事し、15年より現職。国内外100都市以上に訪問経験がある。

自己紹介:「アートのサイエンス化」の追求がミッション。
様々な出来事を理論化・図表化するリサーチャー兼アナリスト兼コンサルタント。

好きな分野:スポーツ・アート・教育・生物そしてビジネス
主に利用する学問:法学・経済学・心理学・人類学そして経営学

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here