thailandbizaia

スポンサーリンク
タイ

タイ北部チェンライの森のコーヒー

東南アジアのタイの首都バンコクより北に約800キロに位置するチェンライは、タイ、ミャンマー、ラオスの国境地域に位置し、麻薬原料のアヘン栽培地で【ゴールデントライアングル】と悪名高いエリアでしたが、現在はコーヒーが広く育てられるようになりました。
日本

「美しさ」の追求。「豊かさ」の実現。

細胞レベルの再生により究極の美と健康を追求し、 人々の笑顔と感動、喜びから溢れる心の豊かさを世に提供できる企業でありたい。 そんな願いを込めて。
ミャンマー

ミャンマー視察ツアーのお知らせ

ミャンマー日系メディア 「ヤンゴンプレス」主催の業種に合わせた視察プラン 「アジア最後のフロンティア」と言われるミャンマー。民政移管と市場開放により、経済も順調な発展を遂げています。そうした流れの中で日本とミャンマーが官民...
中国

中国出張で快適にネットを使いこなすには

中国は、日本と違いネット環境が全く異なる 中国ではGmail, LINEなどのメール、コミュニケーションツール、GoogleやYahooの検索も使えません。さらには、Facebook, Twitter,インスタなどのSNS...
ベトナム

料理から文化の浸透が始まるベトナムに根付いた日本の食文化6

約1000店の日本食レストランが鎬を削っているベトナムですが、当然ながら全てのレストランが繁盛しているわけではありません。本稿ではベトナムでレストランを経営する場合の重要なポイントについて解説しております。今回は大手チェーン店の進出についてご説明します。
シンガポール

変わるシンガポール 奇跡の都から普通の国へ

前号でも述べましたが、2018年の6月末時点での統計では、シンガポールの総人口約564万人の内、シンガポール国籍を持たないPR(永住権保持者)と外国人労働者を合わせると、その比率は38%となります。これだけの高い外国人比率を維持しているアジアの国はシンガポール以外ないでしょう。
タイ

タイで製造業を営む経営者座談会

かつて、本田宗一郎がミカン箱の上から日本の未来をとうとうと語ったように、戦後焼け野原から奇跡の復興を遂げた現在の「経済大国ニッポン」の礎を担ったのは、町の工場で働く人たちである。 時代は移り、多くの製造業がその拠点を海外へと移す中、たゆまぬ努力とあくなき挑戦を続け、日本経済を根底から支える製造業の担い手たち。 そこに従事する人たちに敬意を表し、幾度何べんでもスポットライトを与えることこそ、我々メディアの使命であると考え、当企画に至った次第である。
東南アジア最後のフロンティア ミャンマーの魅力

東南アジア最後のフロンティア ミャンマーの魅力

米中貿易摩擦に伴い、中国本土にある多くの工場が、米国の制裁関税を回避するために第三国への移転を検討せざるを得なくなりつつあるので、東南アジア、その中でも、良質で安価な労働力が豊富なミャンマーへの移転投資が急拡大することが期待されています。
会社国家ニッポンの闇

会社国家ニッポンの闇 ──ある派遣労働者の独白⑩

 日本人なら誰もが知っている大企業のサラリーマンを辞めた後に私が辿ってきた「負け組」人生を語る連載の第10回目──。今日の仕事はポスティングだった。チラシをひたすら投函する。暑い。ひたすら暑い。いつかまたタイへ遊びに行くことを夢見みながら歩いていく。派遣という使い捨ての傭兵から、正規軍の兵士に戻る見込みは全くなかった。いったい私はどこまで落ちていくのだろうか──。
特集記事

日本品質の医療で東南アジアに貢献する

近年はタイやインドネシアでも、日本で研修した医師や看護師、日本語が可能なスタッフの充実により、日本レベルの医療が受けられるようになってきた。インドネシアに日本の医療法人として初めてクリニックを開設した「偕行会グループ」の「カイコウカイ・クリニック・スナヤン」は、日本人駐在員や旅行者だけでなく、インドネシア人の外来、健康診断を通じて、日本の医療でインドネシア医療の底上げを目指して日夜健闘している。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました