金曜日, 2月 22, 2019
ホーム 連載コラム アジアの本はこう読め!

アジアの本はこう読め!

アジアの本はこう読め!

政府による働き方改革なるものが進行中だ。1億総活躍社会を実現するための改革らしいが、はっきり言って活躍なんかしたくない。のんびり暮らしたいだけだ。ブラック企業や過労死が問題になっている昨今、長時間労働でくたくたになって人生オサラバなんてのはまっぴらごめんではないか。

アジアの本はこう読め!

日本人の多くは中東に関して興味を持っていない。 しかし、中東には我々がまだまだ知らない魅力がたくさんある。

アジアの本はこう読め!

外国人がこんなに簡単に土地が買える国は日本だけかもしれない。

アジアの本はこう読め!

『1★9★3★7』と書いて、「イクミナ」と読ませる。数字は南京大虐殺が行なわれた1937年を表し、★は皇軍の軍帽につけられた徽章だ。読みには、「征くみな」の意味を含ませている。辺見庸の長編評論である。

アジアの本はこう読め!

日本人よ、もっと誇りを持て! 日本はいろいろな問題はあっても、世界からは信頼されている国なのである。

アジアの本はこう読め!

今そこにある日本と朝鮮半島の危機に、われわれ庶民にもできることはある。