日曜日, 4月 21, 2019
ホーム 連載コラム カフェから見るアジア

カフェから見るアジア

カフェから見るアジア Vol.6

どんなに近代化されてもタイの本質は変わらない コーヒーを飲んでくつろぐ行為にも国民性が表れる

カフェから見るアジア Vol.8

日本で流行ったものは必ずタイで流行る。カフェも例外ではない。

カフェから見るアジア Vol.9

あれは1990年代の中頃──。アメリカの同時多発テロ事件が発生する以前の世界は、今よりもずっと広く感じたものです。日本のパスポートがあれば、世界中行けない場所なんてない。そんなふうにも思ってました。

カフェから見るアジア Vol.7

窓が開かない日本の新幹線からどうやって茶碗を投げ捨てるのか?

カフェから見るアジア Vol.2

昔は得体の知れないお爺さんたちの溜まり場だった喫茶店も今や絶滅状態。今どきのカフェはコーヒーの味は進化したが、全く風情がないのが寂しい。

カフェから見るアジア Vol.11

1990年代初頭の上海はコーヒーを飲むのにも苦労したが、2019年の上海では手に入らないものは何もない。

カフェから見るアジア Vol.3

国境を越えた後に飲むコーヒーの味はまた別格である! 国境にカフェの存在は不可欠...

カフェから見るアジア Vol.5

ミャンマーの喫茶店で、ぽや〜んと過ごしている人は、ただ仕事をサボッて遊んでいるのか、それとも失業者なのかーー。