月曜日, 10月 22, 2018

どこまで行けるか?「日本スタイル」

日本でも同じことだと思いますが、従業員に気持ち良く働いてもらうというのは大変です。ましてや、ここは異国のタイランド。なおさら難しいです。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.2

ここ数年、日本の自治体が相次いでタイを訪問して、県産品の売り込みやタイ人の日本への観光誘致を実施しています。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.3

「国力」というと、その言葉のイメージから、国土の大きさであったり、国民の人口であったり、GDP(国内総生産)などの経済力であったり、と漠然と感じているものではないでしょうか。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.4

タイでモノを安く買って、日本で高く売る。かつては、そんなビジネスモデルが通用していました。 しかし、タイの物価が上がり、さらに今の円安ですと、なかなか、そう簡単にはいきません。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.5

タイ人の優しさは、いつまでも変わってほしくありません。 タイには我が祖国ニッポンが失ったものが今でも残っているからです。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.6

現在のタイは政治的には安定しておりますが、経済的には今後どうなっていくのでしょうか──。 2018年のタイを予想してみます。

駐在員向け賃貸物件仲介、業界ナンバーワンのディアライフが教える賢いお部屋探し Vol.3

3回目の今回は、内見(実際物件を見てみること)の際の注意点、タイならではの住宅事情などを皆様にお伝えします。

在タイ日本人コンサルタントの本音 Vol.5

海外でビジネスを進めていくうえで考慮しなければならないものとして、法律があります。第5回目の今回は、「タイで被害に遭ってしまった場合の手続き(総則)」について解説いたします。

駐在員向け賃貸物件仲介、業界ナンバーワンのディアライフが教える賢いお部屋探し Vol.4

今からお部屋探しを考えている方に対し、ディアライフ社代表、安藤功一郎氏が現場から見た視線で的確なアドバイスを送る当企画。4回目の今回は、複数の方から問い合わせがあった「メイドを雇う際の注意点」です。

在タイ日本人コンサルタントの本音 Vol.6

前回の第5回は「タイで被害に遭ってしまった場合の手続き(総則)」について述べました。 今回の第6回では、依頼者が被った具体的なトラブルの実例をご紹介いたします。