土曜日, 12月 15, 2018

在タイ日本人コンサルタントの本音 Vol.6

前回の第5回は「タイで被害に遭ってしまった場合の手続き(総則)」について述べました。 今回の第6回では、依頼者が被った具体的なトラブルの実例をご紹介いたします。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.6

現在のタイは政治的には安定しておりますが、経済的には今後どうなっていくのでしょうか──。 2018年のタイを予想してみます。

すべてはタイから教わった Vol.5

バックパック旅行でタイやフィリピン、ネパールなどを周りながら、日本国内では海外への支援活動で、豊かさについて疑問を持った私は、その疑問を解決しないまま1999年4月末頃にタイへ赴任する事になりました。

在タイ日本人コンサルタントの本音 Vol.5

海外でビジネスを進めていくうえで考慮しなければならないものとして、法律があります。第5回目の今回は、「タイで被害に遭ってしまった場合の手続き(総則)」について解説いたします。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.5

タイ人の優しさは、いつまでも変わってほしくありません。 タイには我が祖国ニッポンが失ったものが今でも残っているからです。

すべてはタイから教わった Vol.4

タイで仕事を始めて、そしてプライベートでも、タイ人女性との同居を経て結婚。そんな暮らしの中で、ふと、人にとって教育が如何に大切なのかを考えるようになりました。

在タイ日本人コンサルタントの本音 Vol.4

タイに進出する日本企業は近年ますます増えておりますが、それに比例して、進出した日系企業と現地パートナーとの間のトラブルも急増しています。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.4

タイでモノを安く買って、日本で高く売る。かつては、そんなビジネスモデルが通用していました。 しかし、タイの物価が上がり、さらに今の円安ですと、なかなか、そう簡単にはいきません。

すべてはタイから教わった Vol.3

現在は、とある日本の会社に籍を置きながらライターをしている私ですが、タイに仕事として来たのは1999年4月末。知人が投資してバンコクに設立された会社に誘いを受けて赴任しました。

在タイ日本人コンサルタントの本音 Vol.3

タイに進出する日本企業は近年ますます増えておりますが、それに比例して、進出した日系企業と現地パートナーとの間のトラブルも急増しています。