金曜日, 2月 22, 2019
ホーム ベトナム いまも僕を刺激するベトナムという国のこと

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.5

北部にある首都ハノイと南部にある商都ホーチミンシティーはどう違うのか。 今まで3回にわたって説明してきましたこのシリーズも、今回の第4回目で最終回となりました。最後に、ハノイとホーチミンシティーの相違点をまとめます。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.6

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。 もちろん、家賃も重要です。事業を推進するためには、オフィスの問題は軽視できません。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.7

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。 場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.8

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。 場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.9

サッカーのワールドカップが開催中の時でしたが、少し考えさせられることがありました。ベトナムで引ったくり被害が増加しており、注意をうながす記事がやたらと目についたのです。 一体どういうことなのか──。ベトナムで僕も考えました。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと

ベトナムの発展は著しい。街中の熱気に浸っていると、この国が社会主義国であることを一瞬忘れてしまいます。昼も夜も街中は活気に満ちており、市場には物が溢れている。