日曜日, 10月 20, 2019

3つの世界から視るベトナムでのマーケティング事例 Vol.3

第3回目になりました。今回は、ホーチミンで元気・活発な「和僑」を取り上げたい。「和僑」とは、海外に進出した起業家や企業の駐在員など世界各地に居住して活動する日本人の呼称である。中国国籍を持ちながら海外に居住している「華僑」にちなんだ造語である。

料理から文化の浸透が始まるベトナムに根付いた日本の食文化4

約1000店の日本食レストランが鎬を削っているベトナムですが、当然ながら全てのレストランが繁盛している訳ではありません。本稿ではベトナムでレストランを経営する場合の重要なポイントについて解説しております。今回は特に中級店に絞ってご説明しましょう。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.9

サッカーのワールドカップが開催中の時でしたが、少し考えさせられることがありました。ベトナムで引ったくり被害が増加しており、注意をうながす記事がやたらと目についたのです。 一体どういうことなのか──。ベトナムで僕も考えました。

3つの世界から視るベトナムでのマーケティング事例 Vol.2

第2回目になりました。今回は、ベトナムで急成長しているビジネスの一つである「配車アプリ」を取り上げます。前回同様にキュビズムの思想を注入し、ベトナムでのマーケティング事例を多元的な世界観で論じてみたい。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.8

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。 場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。

料理から文化の浸透が始まるベトナムに根付いた日本の食文化3

約1000店の日本食レストランが鎬を削っているベトナムですが、当然ながら全てのレストランが繁盛している訳ではありません。本稿ではベトナムでレストランを経営する場合の重要なポイントについて解説したいと思います。

「ボータイ」を制する者がベトナムを制す Vol.6

第6回目の今回は、アメリカのオバマ前大統領が日本で開催されたサミットの直前にベトナム入りをした際の雑感を述べさせていただきます。

料理から文化の浸透が始まる ベトナムに根付いた日本の食文化2

本稿では日本食レストランの繁栄状況と、今後出店をお考えの皆様に参考になる情報をお伝えしていきます。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.7

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。 場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。

3つの世界から視るベトナムでのマーケティング事例 Vol.1

絵画の世界では、古典派や印象派などの技法に創意工夫がなされてきたが、それらはすべて、対象を一つの方向から描くということは変わらなかった。この常識を破壊したのは、ピカソである。ピカソは、複合的な視点で視た世界を平面上に共存させた。これが、「キュビズム」の本質である。 この連載は、キュビズムの思想を注入し、ベトナムでのマーケティング事例を多元的な世界観で論じるものである。