土曜日, 12月 15, 2018
ホーム 連載コラム マレーシア進出の「ツボ」

マレーシア進出の「ツボ」

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.8

第8回目の今回は、日中間で巻き起こった尖閣諸島の領有権問題に関して、それ以降のマレーシアの現状をお伝えします。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.9

マレーシアは2009年から、外資100%の進出が可能となっております。これによって、日本企業の進出が一段と加速いたしました。 マレーシアの投資環境は近隣諸国の追随を許さないのは間違いないでしょう。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.1

マレーシアは、アジアの中では最も起業と生活がしやすい国であると言われています。日本ではこの国の情報が少ないため、「会社をつくるためには、現地資本、パートナーが必要だ」....

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.2

第1回目は、日本企業の進出が加速するマレーシアの現状について、取り上げました。今回は、ビジネス面と生活面の2つから、マレーシアのメリットを説明したいと思います。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.3

マレーシアはアジアの中では最も起業と生活がしやすい国だと言われています。第3回目の今回は、マレーシアで起業するための条件を説明いたします。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.4

マレーシアはアジアの中では最も起業と生活がしやすい国だと言われています。今回は簡単ですが、マレーシアでの開業スケジュールを、サービス業を例に上げて示したいと思います。