土曜日, 12月 15, 2018
ホーム 連載コラム マレーシア進出の「ツボ」

マレーシア進出の「ツボ」

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.4

マレーシアはアジアの中では最も起業と生活がしやすい国だと言われています。今回は簡単ですが、マレーシアでの開業スケジュールを、サービス業を例に上げて示したいと思います。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.6

マレーシア進出を検討する場合に、過去から現在までの産業の変遷や構造を知ることは重要だと思います。 今回は、代表的な業種である製造業・IT産業・サービス業の3分野を取り上げて説明いたします

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.9

マレーシアは2009年から、外資100%の進出が可能となっております。これによって、日本企業の進出が一段と加速いたしました。 マレーシアの投資環境は近隣諸国の追随を許さないのは間違いないでしょう。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.3

マレーシアはアジアの中では最も起業と生活がしやすい国だと言われています。第3回目の今回は、マレーシアで起業するための条件を説明いたします。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.5

マレーシアは、アジアでは最も起業と生活がしやすい国です。第5回目の今回は、現在も上がり続けているマレーシア人の国民所得について説明いたします。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.7

過去6回にわたり、全体的なマレーシアの優位性を説明してきました。 第7回目の今回は、他のアセアン周辺国とも比較してみたマレーシアの特長と独自性に触れてみましょう。