水曜日, 11月 21, 2018
ホーム 連載コラム 俺たちに明日はあるのか

俺たちに明日はあるのか

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

タイでは、金を騙し取られたり、報酬を踏み倒されたり、交渉で殴られたり、苦難は続く。 果たして、しくじり人生から脱却できるのか──。

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

失われた20年──。これが30年になるのか、40年になるのか。日本経済の復活の兆しは今もまだ見えない。果たしてニッポンは再生するのだろうか。バブル時代の日本を駆け抜けた男が、自らのしくじり人生を語る。

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

日本のバブル時代に破綻してしまった男は、タイで再起を目指して雌伏していた。 バブル時代に対しては批判もあるが、新自由主義、グローバリズムとやらが大手を振るっている現在よりも、あらゆる面で人間に余裕があったのは否定できない。

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

バブル時代に破綻してしまった男が語るしくじり人生──。「ニッポン低国」の「敗戦」と軌を一にする自らの負け戦からまだ立ち直っていない。 再び開戦の準備をしたいと考えているが、やはり先立つものはお金である。

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

バブル時代に破綻してしまった男が語るしくじり人生。十数社のクレジットカードが飛んだ後も、残った一つのクレジットカードを使って生き残りを図る。