水曜日, 7月 17, 2019

超高層ビルが林立するアジアの超大国チャイナ

改革開放から間もなく40年。高層建築とは無縁な「平面」の世界だった中国の主要都市は、高さ300メートル以上の超高層ビルが林立する摩天楼の都に変貌した。高層ビル建設ラッシュの中、しのび寄る経済衰退の影。摩天楼王国に見る中国の現状と課題を見ていく。

3つの世界から視るベトナムでのマーケティング事例 Vol.1

絵画の世界では、古典派や印象派などの技法に創意工夫がなされてきたが、それらはすべて、対象を一つの方向から描くということは変わらなかった。この常識を破壊したのは、ピカソである。ピカソは、複合的な視点で視た世界を平面上に共存させた。これが、「キュビズム」の本質である。 この連載は、キュビズムの思想を注入し、ベトナムでのマーケティング事例を多元的な世界観で論じるものである。

駐在員向け賃貸物件仲介、業界ナンバーワンのディアライフが教える賢いお部屋探し Vol.1

2012年、タイに事務所を開設以来、「駐在員と家族の幸せの為に」をモットーに仲介手数料・礼金不要など独自のサービスを打ち出し、....

駐在員向け賃貸物件仲介、業界ナンバーワンのディアライフが教える賢いお部屋探し Vol.12

今からお部屋探しを考えている方に対し、ディアライフ社代表・安藤功一郎氏が現場から見た視線で的確なアドバイスを送る当企画。第12回目は「契約書についての注意点」がテーマ。昨今タイで起こっている行政問題についても言及されています。

華人が東南アジアを動かす

日系企業が頼るパートナー

タイの製造業が東南アジアを牽引する

 タイの「METALEX」はアセアンでも最大の金属加工関係の国際見本市と定義されており、毎年ブランド数で3000社以上が出展、10万人近い集客力が評価されている。...

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第九回

先日、私はデング熱に罹りました。熱帯地域に住んで通算20年近くなりますが、マラリア、アメーバ赤痢などの風土病に罹った事がないのが唯一の自慢でしたが、とうとうその自慢もできなくなりました。

料理から文化の浸透が始まるベトナムに根付いた日本の食文化6

約1000店の日本食レストランが鎬を削っているベトナムですが、当然ながら全てのレストランが繁盛しているわけではありません。本稿ではベトナムでレストランを経営する場合の重要なポイントについて解説しております。今回は大手チェーン店の進出についてご説明します。

インドネシアの首都ジャカルタでイオンが新たな挑戦 (下)

日本の総合スーパー大手の「イオン」が9月30日、インドネシアの首都ジャカルタの郊外に大型商業施設「イオンモール・ジャカルタ・ガーデンシティー」をオープンした。 敷地面積約8万5000平方メートル、延べ床面積約16万5000平方メートルの巨大なショッピング・モールである。

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

タイでは、金を騙し取られたり、報酬を踏み倒されたり、交渉で殴られたり、苦難は続く。 果たして、しくじり人生から脱却できるのか──。