水曜日, 11月 21, 2018

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.8

タイの街中や市場を、目的もなしに、ただブラブラ散歩していると、思いもよらないモノに出合う事があります。 それがまた、楽しいし、嬉しい。街中や市場は「発見」に満ちています。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.9

我が祖国ニッポンは、いつの時代も政治が上手くいってないような印象があります。国防の問題、年金の問題、雇用格差の問題、高齢化する世代の問題、行政改革の問題……。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.6

現在のタイは政治的には安定しておりますが、経済的には今後どうなっていくのでしょうか──。 2018年のタイを予想してみます。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.2

ここ数年、日本の自治体が相次いでタイを訪問して、県産品の売り込みやタイ人の日本への観光誘致を実施しています。

アセアン経済共同体の現状と未来

世界的に存在感を増す東南アジアの10か国

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.4

タイでモノを安く買って、日本で高く売る。かつては、そんなビジネスモデルが通用していました。 しかし、タイの物価が上がり、さらに今の円安ですと、なかなか、そう簡単にはいきません。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.5

タイ人の優しさは、いつまでも変わってほしくありません。 タイには我が祖国ニッポンが失ったものが今でも残っているからです。

華人が東南アジアを動かす

日系企業が頼るパートナー

キャリアウーマンとして活躍する タイ人エリートの作り方 ②

容姿端麗、知性と品を兼ね備えた人間──。 1億総中産階級と言われる日本においては、なかなか突き抜けた存在、というのはお目にかかれないものだ。ネガティブな言い方をすると、「出る杭」は打たれてしまうからでもあるのだが。

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

バブル時代に破綻してしまった男が語るしくじり人生。十数社のクレジットカードが飛んだ後も、残った一つのクレジットカードを使って生き残りを図る。