日曜日, 10月 20, 2019

東南アジア最後のフロンティア ミャンマーの魅力

米中貿易摩擦に伴い、中国本土にある多くの工場が、米国の制裁関税を回避するために第三国への移転を検討せざるを得なくなりつつあるので、東南アジア、その中でも、良質で安価な労働力が豊富なミャンマーへの移転投資が急拡大することが期待されています。

駐在員向け賃貸物件仲介、業界ナンバーワンのディアライフが教える賢いお部屋探し Vol.11

今からお部屋探しを考えている方に対し、ディアライフ社代表・安藤功一郎氏が現場から見た視線で的確なアドバイスを送る当企画。第11回目は「退去する際の復元作業について」の後半。先月に引き続き退去する際の注意点をお伝えします。

会社国家ニッポンの闇 ──ある派遣労働者の独白⑩

 日本人なら誰もが知っている大企業のサラリーマンを辞めた後に私が辿ってきた「負け組」人生を語る連載の第10回目──。今日の仕事はポスティングだった。チラシをひたすら投函する。暑い。ひたすら暑い。いつかまたタイへ遊びに行くことを夢見みながら歩いていく。派遣という使い捨ての傭兵から、正規軍の兵士に戻る見込みは全くなかった。いったい私はどこまで落ちていくのだろうか──。

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第11回

フィリピン人は、ある意味では、合理的でリアリストです。モノは使えればそれでいいし、古いモノをありがたがることもありません。今回は日本人とフィリピン人の気質の違いをいくつかの実例をあげて説明いたします。

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

海外居住者が関心のありそうなリアルタイム進行ネタがありましたので、せっかくですから取り上げてみたいと思います。 中でも誰もが逃れられない事態で、皆さんも関心があろう一例が進行中なのでご紹介しましょう。

駐在員向け賃貸物件仲介、業界ナンバーワンのディアライフが教える賢いお部屋探し Vol.10

今からお部屋探しを考えている方に対し、ディアライフ社代表・安藤功一郎氏が現場から見た視線で的確なアドバイスを送る当企画。第10回目のテーマは「退去時に発生する修繕費用について」。今回のテーマ、話が多岐に渡る為2回に分けてお届けします。

もっと好きになるフィリピン

近年、日本ではコンビニエンス・ストア業界(コンビニ業界)において再編の動きが活発化している。 今後フィリピンにもその影響は波及し、再編が活発化していくのは間違いない。 すでに昨年からコンビニ業界に影響を及ぼしそうな発表が目立ってきており、この流れは止まらないだろう。フィリピンのコンビニ事情を報告する。

アジアの本はこう読め!

今や経済大国からビンボー国となってしまったニッポン低国。 海外に行けるのは金持ちだけになる日も近い。

在タイ日本人コンサルタントの本音 Vol.11

この連載も、もう11回目となりました。今回は、「あなたに急な不幸が訪れた時、あなたのタイにある財産はどうなるのか?」というテーマでお話ししたいと思います。

カフェから見るアジア Vol.11

1990年代初頭の上海はコーヒーを飲むのにも苦労したが、2019年の上海では手に入らないものは何もない。