日曜日, 9月 22, 2019

料理から文化の浸透が始まるベトナムに根付いた日本の食文化5

約1000店の日本食レストランが鎬を削っているベトナムですが、当然ながら全てのレストランが繁盛している訳ではありません。本稿ではベトナムでレストランを経営する場合の重要なポイントについて解説しております。今回は特に中級店に絞ってご説明しましょう。

香港でビジネスチャンスを探そう Vol.10

「一億総活躍社会」のスローガンをよく耳にする昨今の日本──。「男女平等」「女性の活躍」が改めて注目されているようです。 今回はこのあたりについてお話ししましょう。

俺たちに明日はあるのか ──現在の「負け組」から未来の「負け組」へのメッセージ

相変わらず日本とタイを行き来しつつ、小さなシノギにしがみついて、食いつないでいる。 再び浮き上がる日が来るのか。アジアからの逆襲はまだまだ続く──。

駐在員向け賃貸物件仲介、業界ナンバーワンのディアライフが教える賢いお部屋探し Vol.8

今からお部屋探しを考えている方に対し、ディアライフ社代表・安藤功一郎氏が現場から見た視線で的確なアドバイスを送る当企画。新年一回目のテーマは「ご近所さん、オーナーさんとのトラブル」について。

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第10回

フィリピンでの買い物はなかなか一筋縄では行きません。ファストフードにしろ、コンビニエンス・ストアー、スーパーマーケットにしろです。特にこれからのクリスマスシーズンは買い物客、買い物の量とも1年中で最も多くなるので買い物に行くのが憂鬱です。

カフェから見るアジア Vol.10

近年の新疆ウイグル自治区では、大規模暴動とか、爆弾テロが頻発していますね。トルファンを訪ねたのは、20年ほど前のことですが、あの頃もウイグル人と漢族の間には、不穏な感じはありました。ウイグル語も漢語も分からない私が感じるほどだから、かなりのものですよ。たぶん。

どこまで行けるか?「日本スタイル」 vol.10

1992年にユネスコの世界遺産にも登録されたことで有名なカンボジアのアンコールワットでは、 1996年12月から毎年、アンコールワット国際ハーフ・マラソン大会が開催されています。 マラソンコースとなるアンコールワットは世界でも有数の遺跡。

会社国家ニッポンの闇 ──ある派遣労働者の独白⑨

 日本人で知らない者がいない大企業のサラリーマンを辞めた後に私が辿ってきた「負け組」人生を語る連載の第9回目──。派遣のオペレーターとして電話を武器とする戦場をひたすら転戦する日々が続く。タイへ遊びに行くことだけが唯一の楽しみだったが、日本に帰ってもすぐには仕事モードに戻れなかった。

もっと好きになるフィリピン

フィリピン経済の成長が止まらない。外国企業の投資も増加し、日本企業も熱い視線を送り始めている。 元気な国には資金も人材も集まるので、今後さらにビジネスチャンスが拡大していくだろう。

3つの世界から視るベトナムでのマーケティング事例 Vol.3

第3回目になりました。今回は、ホーチミンで元気・活発な「和僑」を取り上げたい。「和僑」とは、海外に進出した起業家や企業の駐在員など世界各地に居住して活動する日本人の呼称である。中国国籍を持ちながら海外に居住している「華僑」にちなんだ造語である。