月曜日, 10月 14, 2019

ミャンマー視察ツアーのお知らせ

ミャンマー日系メディア 「ヤンゴンプレス」主催の業種に合わせた視察プラン 「アジア最後のフロンティア」と言われるミャンマー。民政移管と市場開放により、経済も順調な発展を遂げています。そうした流れの中で日本とミャンマーが官民一体となり「ミャンマー・ティラワ経済特区(SEZ)」の開発プロジェクトも始まるなど、進出を検討される日系企業も増加傾向にあります。 今回は、現地日系メディアのヤンゴンプレス主催によるミャンマー視察ツアーを開催。現地ネットワークをフルに生かした内容でミャンマーの魅力を紹介いたします。

中国出張で快適にネットを使いこなすには

中国は、日本と違いネット環境が全く異なる 中国ではGmail, LINEなどのメール、コミュニケーションツール、GoogleやYahooの検索も使えません。さらには、Facebook, Twitter,インスタなどのSNSやYoutubeも使えないです。なぜなら、中国には、 金盾(グレートファイヤーウォール)という中国政府のネット検閲システムがあり、不都合なネットサービスや情報には接続制限がかかっています。 個人で自由に情報発信できる中国発以外のツールであるSNSはこの接続制限になってしまいます。ネット検閲に加え、中国の政策支援により、独自のSNSを形成するようになった 中国国内では、 テンセントが提供しているwechat(微信)やQQというコミュニケーションツールが多く使われています。

「美しさ」の追求。「豊かさ」の実現。

細胞レベルの再生により究極の美と健康を追求し、 人々の笑顔と感動、喜びから溢れる心の豊かさを世に提供できる企業でありたい。 そんな願いを込めて。

インターンシップの募集

タイでインターンシップに参加してみませんか?BizAiA! Asiaでは短期のインターン生を募集しています。 タイに興味がある人、将来は海外で働きたい人、就活に活かしたい人のご応募をお待ちしています。

タイで製造業を営む経営者座談会

かつて、本田宗一郎がミカン箱の上から日本の未来をとうとうと語ったように、戦後焼け野原から奇跡の復興を遂げた現在の「経済大国ニッポン」の礎を担ったのは、町の工場で働く人たちである。 時代は移り、多くの製造業がその拠点を海外へと移す中、たゆまぬ努力とあくなき挑戦を続け、日本経済を根底から支える製造業の担い手たち。 そこに従事する人たちに敬意を表し、幾度何べんでもスポットライトを与えることこそ、我々メディアの使命であると考え、当企画に至った次第である。

日本品質の医療で東南アジアに貢献する

近年はタイやインドネシアでも、日本で研修した医師や看護師、日本語が可能なスタッフの充実により、日本レベルの医療が受けられるようになってきた。インドネシアに日本の医療法人として初めてクリニックを開設した「偕行会グループ」の「カイコウカイ・クリニック・スナヤン」は、日本人駐在員や旅行者だけでなく、インドネシア人の外来、健康診断を通じて、日本の医療でインドネシア医療の底上げを目指して日夜健闘している。

中国ブランドは市場を変えるか

消費ニーズが減少傾向にあった中国の即席ラーメン市場にいま大きな変革の波が押し寄せようとしている。「即席ラーメン誕生60周年」にあやかり、放映を開始したNHKの連続テレビ小説「まんぷく」が佳境を迎えるなか、中国の市場トレンドの概況と販売展開について紹介しておきたい。

海外で居場所を見つけた孤高のピン芸人

皆さんは、ぜんじろうという名前を覚えてらっしゃるだろうか? かつて、『上岡龍太郎最後の内弟子』『西の最終兵器』『平成の明石家さんま』と一世を風靡した後、姿を消した、と言われて久しい。

インドの新通貨政策で誰が得したのか

税収なしに国家は存在できない。税収なしに国家は存在できない。国家を支える税収のために最も重要なのが通貨の発行だ。その国が実行する通貨政策によって、経済の命運が分かれると言ってもいいだろう。インドの新通貨政策によって、どんな混乱が起きたのか──。 実際に体験したトラブルと現状を報告する。

ASEANビジネス投資サミットがシンガポールで開催

日本の最先端技術を応用した各種の新ビジネスを東南アジアで今後いかに展開していくかが問われる中、2018年11月にシンガポールで「東南アジア諸国連合(ASEAN)ビジネス投資サミット(ABIS)2018」が開催された。