金曜日, 6月 21, 2019

ミャンマーがメートル法を採用へ

ミャンマー政府は国際取引の円滑化を図るために、「国際単位系」であるメートル法を採用する方針であることを明らかにした。

リアル書店の逆襲が始まった中国①

中国の書店に未来はあるのか――。電子書籍の浸透やオンライン書店の価格攻勢を受けて、もはや空前の灯と言われたリアル書店市場がいま息を吹き返した。瀟洒なブックカフェや個性的な店舗がにわかに増加する一方、デジタル技術を活用したシェア図書サービスが普及を始めるなど、アナログ文化との融合を図るイノベーションに熱い視線が注がれている。

経済統合が進むインド(上)

インドで2017年7月1日、物品・サービス税(GST)が導入された。前政権が立案して以来、10年越しの実現だ。これまで州ごとに異なり煩雑だった間接税制が...

オーガニック野菜をタイで開発し、 世界に売る日本人 (下)

1999年から農薬と化学肥料を一切使わないオーガニック(有機栽培)農法で「環境と健康」をテーマにした野菜づくりをタイ東北部の入り口あたりにあるカオヤイ国立公園の高原に開拓したハーモニー・ライフ・オーガニック農園をベースに活動している。

アジアで工業団地を開発・運営するアマタ・コーポレーション

タイとベトナムで3か所の大規模工業団地を開発・運営しているアマタ・コーポレーションだが、工業団地開発でミャンマーとラオスに初進出する他、ベトナムで第2、第3の工業団地建設を始める。

ニッポン発アジア行き アジアを舞台にビジネスを展開する日本人起業家を紹介

現地の言葉で自己紹介をする。現地の経営者や幹部に食事を奢ってもらう。ある製品の仕入れ先と仕入れ価格を調査する。……これらは駐在員のミッションではない。

JETROシンガポールが国際展示会でジャパン・パビリオンを開設

歴史的な米朝首脳会談を控えて歓迎ムードと警戒・警備の緊張感が漂うシンガポールの「マリーナベイサンズホテル」付属コンベンションセンターで6月5日6日の両日、東南アジア最大級のイノベーション・イベント「innovfest unbound 2018」が開催された。

製造強国を目指す中国

中国経済は失速していると報道されることも多くなったが、現状とは違う。中国にはまだまだ勢いがある。上海で開催された国際展示会の様子を知れば、認識を新たにするだろう。中国がいま何を目指しているか、実情を報告したい。

ミャンマーの地震状況を検証する(上)

2018年1月12日の地震はミャンマー中央部を震源地とするM(マグネチュード)6の強震だったが、ヤンゴンでもかなりの揺れを感じた。タイの首都バンコクでも揺れたという。これまで地震に対しては全く無警戒だっただけに、これでやや目が覚めた感がある。ミャンマーは大丈夫なのか──。

リアル書店の逆襲が始まった中国②

中国の書店に未来はあるのか――。電子書籍の浸透やオンライン書店の価格攻勢を受けて、もはや空前の灯と言われたリアル書店市場がいま息を吹き返した。瀟洒なブックカフェや個性的な店舗がにわかに増加する一方、デジタル技術を活用したシェア図書サービスが普及を始めるなど、アナログ文化との融合を図るイノベーションに熱い視線が注がれている。