金曜日, 9月 20, 2019

日本市場のカギを握る中国人観光客

観光立国に向けた日本の取り組みが本格化している。インバウンドで最も大きなシェアを持つ中華圏に対して、どんなアプローチをしていくか、は今後の知恵の出しどころだ。

激変する中国の消費市場

中国では「新小売」(ニューリテール)と呼ばれる新たな小売の形態が雨後の竹の子のごとく生まれている。グローサラントと呼ばれる業態に注目が集まるほか、コーヒー業界ではスターバックスの存在を脅かす新たな勢力が登場してきた。

日本ブランド製品の商機は中国にあり(下) -たった1日で2兆円が動く「双十一」

日本企業にとっても大きな商機であり、国境を越えたネット通販「越境EC」が活況を示すなか、インバウンド(訪日旅行)とアウトバウンド(中国での販促)の両面展開で突破口を開きたいところだ。

中国出張で快適にネットを使いこなすには

中国は、日本と違いネット環境が全く異なる 中国ではGmail, LINEなどのメール、コミュニケーションツール、GoogleやYahooの検索も使えません。さらには、Facebook, Twitter,インスタなどのSNSやYoutubeも使えないです。なぜなら、中国には、 金盾(グレートファイヤーウォール)という中国政府のネット検閲システムがあり、不都合なネットサービスや情報には接続制限がかかっています。 個人で自由に情報発信できる中国発以外のツールであるSNSはこの接続制限になってしまいます。ネット検閲に加え、中国の政策支援により、独自のSNSを形成するようになった 中国国内では、 テンセントが提供しているwechat(微信)やQQというコミュニケーションツールが多く使われています。

日本ブランド製品の商機は中国にあり(上) -たった1日で2兆円が動く「双十一」

日本企業にとっても大きな商機であり、国境を越えたネット通販「越境EC」が活況を示すなか、インバウンド(訪日旅行)とアウトバウンド(中国での販促)の両面展開で突破口を開きたいところだ。

中国における災害対策とその展望

「2017年7月九州北部豪雨」による甚大な被害が報じられて間もなく、中国でも、黒龍江省、吉林省、山西省、広東省など広い地域にわたって水害が相次いで発生した。

ますます広がる中間の格差(下)

日本人にとって、中国の「居心地」は改善しているのだろうか。物価高や人口膨張等、経済発展のひずみにさらされながら、生活インフラは日本と比べても引けを取らないものになってきた。

製造強国を目指す中国

中国経済は失速していると報道されることも多くなったが、現状とは違う。中国にはまだまだ勢いがある。上海で開催された国際展示会の様子を知れば、認識を新たにするだろう。中国がいま何を目指しているか、実情を報告したい。

超高層ビルが林立するアジアの超大国チャイナ

改革開放から間もなく40年。高層建築とは無縁な「平面」の世界だった中国の主要都市は、高さ300メートル以上の超高層ビルが林立する摩天楼の都に変貌した。高層ビル建設ラッシュの中、しのび寄る経済衰退の影。摩天楼王国に見る中国の現状と課題を見ていく。

流行は元気なシニアがつくる

1人で旅行し、1人で出前、1人でカラオケ──そんな、これまでには見られなかった消費スタイルを楽しむ「95後」(※)。一方、潤沢な懐事情を背景に退職予備軍となる「50後」(1950年代生まれ)「60後」(1960年代生まれ)のアクティブシニア層がいま中国の消費市場で重要なプレゼンスを示しはじめている。彼らの消費傾向や特徴を見ていこう。