月曜日, 5月 20, 2019

20代で工業団地を起業した日本人

最近の若者は「内向き」になり、海外へ出て行く事に消極的だという。かつて「タイは若いうちに行け!」というCMのキャッチコピーがあったが、若者こそどんどん外に出ていくべきだと思うのは、もはや老いの繰り言なのだろうか。

ミャンマーで存在感を増やす日本

ASEAN諸国の中でも熱い視線を浴びているのがミャンマーである。中でも民政移管後に急速に開発が進む「ティラワSEZ(経済特別区)」への注目度と期待感は大きい。そこでミャンマーの威信をかけたこの経済特別区の現況を報告する──。

[PR]タイで接待にも使える老舗和食店

茶々庵 30年以上の老舗店のシェフによる匠な料理は、日本人だけでなく、タイ人や外国人にも人気があります。 新鮮な旬の素材を生かした料理で舌鼓。 ランチも150B~とお値打ち価格で味わえます。 Facebookページ お問い合わせ: 081-839-6948 場所: エカマイ ソイ10を入って、200m進んだ左手 11:00〜14:00、17:00〜22:00 バンナートラッドにも新店舗オープン!!!

華人が東南アジアを動かす

日系企業が頼るパートナー

インドは先進国を目指す

今も進化し続けるアジアの大国

ミャンマーで成功した日系IT企業

ミャンマーは、長年にわたる軍事政権が終了して 民政化が実現して以来、経済発展が進んでいる。 進出する日系企業の数も増加し、 ビジネスチャンスも広がってきた。 ミャンマーで成功している日系IT企業を紹介したい。