特集記事

スポンサーリンク
インドネシア

インドネシアで未踏のビジネスに挑む日本人

 日本国内や海外の企業、会社、工場にとって、そこで働く人々、あるいは新規に採用しようとする人々の個人の性格、潜在能力、得手不得手などをどう把握し判断するか、そしてそれを企業活動の中でどう活かしていくかは大きなテーマでもある。いわゆる適材適所で効率良く、そして本人が持つ能力を100%発揮できる環境に配置することはその企業の成長や業績にも関わってくるとさえ言われている。
中国

激変する中国の消費市場

中国では「新小売」(ニューリテール)と呼ばれる新たな小売の形態が雨後の竹の子のごとく生まれている。グローサラントと呼ばれる業態に注目が集まるほか、コーヒー業界ではスターバックスの存在を脅かす新たな勢力が登場してきた。
インドネシア

インドネシア大統領も通った老舗の日本料理店

海外駐在、海外赴任で日本人が直面するのは、恋しい、そして懐かしい日本の味、故郷の味である。苦労して入手した食材で料理するのもいいが、やはりあれこれと迷いながらメニューで選んだ「食べたい日本食」を口にした時の「満足感」「幸福感」は誰しも同じもの。
日本

財団法人を設立する

財団法人を設立する その実態と仕組みから資金調達の方法まで 東日本大震災・西日本豪雨災害後は、日本の富裕層や資金力のあるタレントの社会貢献意識を刺激しているようだ。それだけではなく、2020年東京オリンピック・パラリンピックの影...
ミャンマー

ミャンマー産チークの謎に迫る

遭難して70年以上も経ったタイタ二ック号のデッキに使用されたミャンマー産のチークは無傷だった。 驚くべき耐久性である。
中国

製造強国を目指す中国

中国経済は失速していると報道されることも多くなったが、現状とは違う。中国にはまだまだ勢いがある。上海で開催された国際展示会の様子を知れば、認識を新たにするだろう。中国がいま何を目指しているか、実情を報告したい。
中国

中国企業がアフリカを席巻する

日本に居ると、分からないだろうが、いまアフリカが熱い。そしてアフリカの経済発展に大きな貢献をしているのは紛れもなく中国である。
タイ

東南アジアで社会貢献する

人生のプライオリティーは、自分にとって仕事である。成功者の名言だ。実際には、仕事より趣味、家族、夢、異性が大事だという方が一般的だ。しかし、それらがうまく稼働しているのは、ある程度の収入を得ていることが前提の話である。
タイ

ここがヘンだよ外国人オーナー

日本で生活していると、「外資系企業」なんていうと、英語が必須で、ノルマが厳しくて……と、とかくハードルが高いイメージがあると思うが、いざ国を飛び出し海外で働くと、外資系企業などは、むしろ当たり前のことであり、ここタイにおいても、日系、中華系、欧米系と、いわゆる外資系企業が群雄割拠で凌ぎを削っている。
タイ

アジアで工業団地を開発・運営するアマタ・コーポレーション

タイとベトナムで3か所の大規模工業団地を開発・運営しているアマタ・コーポレーションだが、工業団地開発でミャンマーとラオスに初進出する他、ベトナムで第2、第3の工業団地建設を始める。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました