金曜日, 12月 13, 2019
ホーム タグ アジア

タグ: アジア

アジアの本はこう読め!

今や経済大国からビンボー国となってしまったニッポン低国。 海外に行けるのは金持ちだけになる日も近い。

カフェから見るアジア Vol.11

1990年代初頭の上海はコーヒーを飲むのにも苦労したが、2019年の上海では手に入らないものは何もない。

カフェから見るアジア Vol.10

近年の新疆ウイグル自治区では、大規模暴動とか、爆弾テロが頻発していますね。トルファンを訪ねたのは、20年ほど前のことですが、あの頃もウイグル人と漢族の間には、不穏な感じはありました。ウイグル語も漢語も分からない私が感じるほどだから、かなりのものですよ。たぶん。

アジアの本はこう読め!

政府による働き方改革なるものが進行中だ。1億総活躍社会を実現するための改革らしいが、はっきり言って活躍なんかしたくない。のんびり暮らしたいだけだ。ブラック企業や過労死が問題になっている昨今、長時間労働でくたくたになって人生オサラバなんてのはまっぴらごめんではないか。

アジアの本はこう読め!

『1★9★3★7』と書いて、「イクミナ」と読ませる。数字は南京大虐殺が行なわれた1937年を表し、★は皇軍の軍帽につけられた徽章だ。読みには、「征くみな」の意味を含ませている。辺見庸の長編評論である。

カフェから見るアジア Vol.9

あれは1990年代の中頃──。アメリカの同時多発テロ事件が発生する以前の世界は、今よりもずっと広く感じたものです。日本のパスポートがあれば、世界中行けない場所なんてない。そんなふうにも思ってました。

カフェから見るアジア Vol.8

日本で流行ったものは必ずタイで流行る。カフェも例外ではない。

アジアの本はこう読め!

洋服の縫製工場の管理責任者に、なぜ日本のモノ作りの会社は海外に出ていくのかについて話を聞いたことがある。答えは次のようなものだった。

アジアの本はこう読め!

外国人がこんなに簡単に土地が買える国は日本だけかもしれない。

カフェから見るアジア Vol.7

窓が開かない日本の新幹線からどうやって茶碗を投げ捨てるのか?