土曜日, 12月 15, 2018
ホーム タグ アジア

タグ: アジア

アジアの本はこう読め!

『1★9★3★7』と書いて、「イクミナ」と読ませる。数字は南京大虐殺が行なわれた1937年を表し、★は皇軍の軍帽につけられた徽章だ。読みには、「征くみな」の意味を含ませている。辺見庸の長編評論である。

カフェから見るアジア Vol.9

あれは1990年代の中頃──。アメリカの同時多発テロ事件が発生する以前の世界は、今よりもずっと広く感じたものです。日本のパスポートがあれば、世界中行けない場所なんてない。そんなふうにも思ってました。

カフェから見るアジア Vol.8

日本で流行ったものは必ずタイで流行る。カフェも例外ではない。

アジアの本はこう読め!

洋服の縫製工場の管理責任者に、なぜ日本のモノ作りの会社は海外に出ていくのかについて話を聞いたことがある。答えは次のようなものだった。

アジアの本はこう読め!

外国人がこんなに簡単に土地が買える国は日本だけかもしれない。

カフェから見るアジア Vol.7

窓が開かない日本の新幹線からどうやって茶碗を投げ捨てるのか?

カフェから見るアジア Vol.6

どんなに近代化されてもタイの本質は変わらない コーヒーを飲んでくつろぐ行為にも国民性が表れる

アジアの本はこう読め!

日本人よ、もっと誇りを持て! 日本はいろいろな問題はあっても、世界からは信頼されている国なのである。

アジアの本はこう読め!

日本人の多くは中東に関して興味を持っていない。 しかし、中東には我々がまだまだ知らない魅力がたくさんある。

カフェから見るアジア Vol.5

ミャンマーの喫茶店で、ぽや〜んと過ごしている人は、ただ仕事をサボッて遊んでいるのか、それとも失業者なのかーー。