木曜日, 11月 14, 2019
ホーム タグ ビジネス書

タグ: ビジネス書

アジアの本はこう読め!

今や経済大国からビンボー国となってしまったニッポン低国。 海外に行けるのは金持ちだけになる日も近い。

アジアの本はこう読め!

政府による働き方改革なるものが進行中だ。1億総活躍社会を実現するための改革らしいが、はっきり言って活躍なんかしたくない。のんびり暮らしたいだけだ。ブラック企業や過労死が問題になっている昨今、長時間労働でくたくたになって人生オサラバなんてのはまっぴらごめんではないか。

アジアの本はこう読め!

『1★9★3★7』と書いて、「イクミナ」と読ませる。数字は南京大虐殺が行なわれた1937年を表し、★は皇軍の軍帽につけられた徽章だ。読みには、「征くみな」の意味を含ませている。辺見庸の長編評論である。

アジアの本はこう読め!

洋服の縫製工場の管理責任者に、なぜ日本のモノ作りの会社は海外に出ていくのかについて話を聞いたことがある。答えは次のようなものだった。

アジアの本はこう読め!

外国人がこんなに簡単に土地が買える国は日本だけかもしれない。

アジアの本はこう読め!

日本人よ、もっと誇りを持て! 日本はいろいろな問題はあっても、世界からは信頼されている国なのである。

アジアの本はこう読め!

日本人の多くは中東に関して興味を持っていない。 しかし、中東には我々がまだまだ知らない魅力がたくさんある。

アジアの本はこう読め!

今そこにある日本と朝鮮半島の危機に、われわれ庶民にもできることはある。

アジアの本はこう読め!

海賊版を取り締まれば締まるほど、コピーは広がり、世界はフラット化していく。

アジアの本はこう読め!

華僑の故国・中国で徒手空拳・独立独歩で稼いでいる「倭僑」たち。日本人の逆襲が始まった──。