土曜日, 2月 16, 2019
ホーム タグ フィリピン

タグ: フィリピン

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第10回

フィリピンでの買い物はなかなか一筋縄では行きません。ファストフードにしろ、コンビニエンス・ストアー、スーパーマーケットにしろです。特にこれからのクリスマスシーズンは買い物客、買い物の量とも1年中で最も多くなるので買い物に行くのが憂鬱です。

もっと好きになるフィリピン

フィリピン経済の成長が止まらない。外国企業の投資も増加し、日本企業も熱い視線を送り始めている。 元気な国には資金も人材も集まるので、今後さらにビジネスチャンスが拡大していくだろう。

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第九回

先日、私はデング熱に罹りました。熱帯地域に住んで通算20年近くなりますが、マラリア、アメーバ赤痢などの風土病に罹った事がないのが唯一の自慢でしたが、とうとうその自慢もできなくなりました。

もっと好きになるフィリピン

人口の増加や経済力の上昇にともない、今後もさらなる市場拡大が期待されるフィリピン──。 フィリピンが発展途上国というのは、もはや時代遅れの認識だと言えるでしょう。

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第八回

雨期に入った6月は、学校の新学期が始まります。何かと慌ただしい時期です。毎年毎年、同じような光景を見るので、結局ここはずっと変わらないな、と再確認するのも6月の恒例となりました。

9つのキーワードで良く分かるアジア Vol.8

「アジア」──と、我々は一言で簡単に言ってしまいます。が、このエリアは、そんな「アジア」という名称だけで一括りする事はとても出来ないでしょう。歴史も背景も大きく違っており、これほど文化が多種多様な地域もありません。まだまだ基本的な情報すら知らない日本人が多いのも事実です。

[終了] 7/21開催 フィリピン不動産セミナー@バンコク

フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績 フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発(ディベロッパー)です。

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第七回

フィリピンでは、クリスマスはもちろん最大の年間行事ですが、イースターも大いに盛り上がります。イースターが近づくと、フィリピン人はそわそわして全く仕事になりません。この行事にかける情熱の数分の1でもいいから仕事に向けてほしい。それが我々のささやかな願いです。

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第六回

いま経済が好調なフィリピン──。フィリピン人の消費意欲も盛んで、高額な商品も溢れています。確かに、モノには不自由しませんが、その肝心なモノの質は……と言えば、いま一つ信用はできません。不良品や欠陥品をつかまされることも度々あります。

フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 第五回

フィリピンは日本じゃありません。日本とフィリピンの間にはカルチャー・ギャップがあるのも当然です。そうは分かっていても、われわれ日本人には理解できないことが少なくありません。