土曜日, 10月 20, 2018
ホーム タグ ベトナム

タグ: ベトナム

アジアで工業団地を開発・運営するアマタ・コーポレーション

タイとベトナムで3か所の大規模工業団地を開発・運営しているアマタ・コーポレーションだが、工業団地開発でミャンマーとラオスに初進出する他、ベトナムで第2、第3の工業団地建設を始める。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.8

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。 場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。

料理から文化の浸透が始まるベトナムに根付いた日本の食文化3

約1000店の日本食レストランが鎬を削っているベトナムですが、当然ながら全てのレストランが繁盛している訳ではありません。本稿ではベトナムでレストランを経営する場合の重要なポイントについて解説したいと思います。

「ボータイ」を制する者がベトナムを制す Vol.6

第6回目の今回は、アメリカのオバマ前大統領が日本で開催されたサミットの直前にベトナム入りをした際の雑感を述べさせていただきます。

料理から文化の浸透が始まる ベトナムに根付いた日本の食文化2

本稿では日本食レストランの繁栄状況と、今後出店をお考えの皆様に参考になる情報をお伝えしていきます。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.7

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。 場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。

料理から文化の浸透が始まる ベトナムに根付いた日本の食文化

寿司を始めとする日本食が海外で人気を博していますが、当地ベトナムでは空前の日本食ブームを迎え、日本食レストランの数は1000店を超す勢いです。

「ボータイ」を制する者がベトナムを制す Vol.5

今回は、ベトナム人にとって、1年で最大のイベント、「テト」。旧暦正月についてのお話です。テトとは、漢字に直すと「節」。つまり、中華文明圏でいうところの「春節」のことです。

いまも僕を刺激するベトナムという国のこと Vol.6

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。 もちろん、家賃も重要です。事業を推進するためには、オフィスの問題は軽視できません。

写真を通して ベトナムへの社会貢献を

文化遺産に光をあてることを目的に毎年開催されている「ベトナムヘリテイジ写真賞(Vietnam Heritage Photo Awards)」。 これはベトナム全土の写真愛好家が誰でも参加できる写真コンテストで、2017年度は、226人の応募者から3479点の作品が寄せられた。 2012年の第1回からメインスポンサーをつとめているのが、キヤノンマーケティングベトナム社。