水曜日, 7月 17, 2019
ホーム タグ ミャンマー

タグ: ミャンマー

東南アジア最後のフロンティア ミャンマーの魅力

米中貿易摩擦に伴い、中国本土にある多くの工場が、米国の制裁関税を回避するために第三国への移転を検討せざるを得なくなりつつあるので、東南アジア、その中でも、良質で安価な労働力が豊富なミャンマーへの移転投資が急拡大することが期待されています。

東南アジア最後のフロンティア ミャンマーの魅力

東南アジア最後のフロンティアとも呼ばれるミャンマーの魅力を語るこの連載も4回目となりました。今回は、ミャンマーが製造業の拠点として、立地がいかに優れているか、具体的な実例を挙げて説明しましょう。

ミャンマーの多民族が宝石の産地に集結した

モゴック──。外国人でこの町の名を知っている方は、相当なミャンマー通か、関係者に違いない。 ミャンマー人に言わせれば、「風光明媚なとても美しい町」という言葉とともに、「ミャンマーで一番の金持ちの町」という答えが返ってくる。

東南アジア最後のフロンティア ミャンマーの魅力

南国の女性の間で多い「肌を白くしたい」「脂分を抑えたい」などのニーズに対応したタイ製品は「ミャンマー女性の嗜好」に受け入れられたと言えそうです。

東南アジア最後のフロンティア ミャンマーの魅力

日本の製造業の海外移転先は中国に始まり、タイやインドネシア、そしてベトナムへと変遷して来ました。これらの国の状況を概観して見ましょう。

[終了] 4/27開催 ミャンマー進出セミナー

「アジア最後のフロンティア」と言われるミャンマー。民政移管と市場開放により、経済も順調な発展を遂げています。そうした流れの中で日本とミャンマーが官民一体となり「ミャンマー・ティラワ経済特区(SEZ)」の開発プロジェクトも始まるなど、進出を検討される日系企業も増加傾向にあります。

ミャンマー語と他言語との考察と研究 (下)

ミャンマー語(ビルマ語)の文法はともかく、発音と丸文字の読解が我々には難儀だ。そこで今回はこのビルマ語について勝手な考察をしてみた。

ミャンマー語と他言語との考察と研究 (上)

せっかくにミャンマーにいるのだから、この国の言葉をマスターして、交流を深めたい、と考えている邦人も少なくない。

ミャンマーがメートル法を採用へ

ミャンマー政府は国際取引の円滑化を図るために、「国際単位系」であるメートル法を採用する方針であることを明らかにした。

ヤンゴンのストランド通りを歩く

ミャンマーのヤンゴンに初めて来て南端のこの通りにさしかかった時、かつてどこかで見たような町並みが広がっていた。数少ない英語表記が現存するこの通りには、約1世紀に渡る歴史と数々のエピソードが残されている。本場イギリスにも「ストランド」にまつわる話は枚挙にいとまがない。