金曜日, 12月 13, 2019
ホーム タグ 起業

タグ: 起業

インドネシアで未踏のビジネスに挑む日本人

 日本国内や海外の企業、会社、工場にとって、そこで働く人々、あるいは新規に採用しようとする人々の個人の性格、潜在能力、得手不得手などをどう把握し判断するか、そしてそれを企業活動の中でどう活かしていくかは大きなテーマでもある。いわゆる適材適所で効率良く、そして本人が持つ能力を100%発揮できる環境に配置することはその企業の成長や業績にも関わってくるとさえ言われている。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.9

マレーシアは2009年から、外資100%の進出が可能となっております。これによって、日本企業の進出が一段と加速いたしました。 マレーシアの投資環境は近隣諸国の追随を許さないのは間違いないでしょう。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.8

第8回目の今回は、日中間で巻き起こった尖閣諸島の領有権問題に関して、それ以降のマレーシアの現状をお伝えします。

ニッポン発アジア行き アジアを舞台にビジネスを展開する日本人起業家を紹介

現地の言葉で自己紹介をする。現地の経営者や幹部に食事を奢ってもらう。ある製品の仕入れ先と仕入れ価格を調査する。……これらは駐在員のミッションではない。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.7

過去6回にわたり、全体的なマレーシアの優位性を説明してきました。 第7回目の今回は、他のアセアン周辺国とも比較してみたマレーシアの特長と独自性に触れてみましょう。

スリランカの挑戦者たち

インド亜大陸の南東、インドからポーク海峡を隔てた場所に位置する、島国・スリランカ。 その正式名をスリランカ民主社会主義共和国という。ご存知、セイロンティーの故郷として知られているこの国だが、お隣のインドや東南アジア諸国に比べて、あまり日本に馴染みのない国であることは事実。

スリランカの挑戦者たち②

インド亜大陸の南東、インドからポーク海峡を隔てた場所に位置する、島国・スリランカ。 その正式名をスリランカ民主社会主義共和国という。ご存知、セイロンティーの故郷として知られているこの国だが、お隣のインドや東南アジア諸国に比べて、あまり日本に馴染みのない国であることは事実。

スリランカの挑戦者たち①

インド亜大陸の南東、インドからポーク海峡を隔てた場所に位置する、島国・スリランカ。 その正式名をスリランカ民主社会主義共和国という。ご存知、セイロンティーの故郷として知られているこの国だが、お隣のインドや東南アジア諸国に比べて、あまり日本に馴染みのない国であることは事実。

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.6

マレーシア進出を検討する場合に、過去から現在までの産業の変遷や構造を知ることは重要だと思います。 今回は、代表的な業種である製造業・IT産業・サービス業の3分野を取り上げて説明いたします

マレーシア進出の「ツボ」 Vol.5

マレーシアは、アジアでは最も起業と生活がしやすい国です。第5回目の今回は、現在も上がり続けているマレーシア人の国民所得について説明いたします。