ベトナムで活躍するエクセレント・カンパニー 第1回

経済成長が続くベトナム──。

日本企業の進出が加速し、現地での存在感はますます大きくなっている。このシリーズでは、ベトナムで頑張る日本企業を取り上げていきます。

第1回 SHARP

ローカル・フィットをキーワードにベトナム市場で空気清浄機を展開していく

SHARP ELECTRONICS(VIETNAM) CO.,LTD. (以下、SHARP=シャープ) はベトナムでの空気清浄機の製品展開に「ローカル・フィット」というSHARP独自の考えを取り入れ、ベトナム人から求 められるニーズに高品質で応えた製品を市場に送り出している。

 

SHARPはこの1年で、蚊取り空気清浄機や除湿機、また新製品のダニ取り掃除機などユニークなを商品をベトナム マーケットへ送り出している。

 

ベトナムで空気清浄機に注力している経緯をSHARP ELECTRONICS(VIET NAM)CO.,LTD.の堂本社長にお話を聞いた。

SHARPが空気清浄機に注力する理由

SHARPは以前より代理店経由での製品供給を行なっていましたが、2009年に販売会社を設立し、ベトナムに本格参入しました。その後、レンジや炊飯器、冷蔵庫といった商品で確固としたポジションを築いてきました。その他のテレビや洗濯機のカテゴリーでも、順次、新製品を投入しています。

 

──その中でなぜ今、空気清浄機という分野に力を入れているのでしょうか。

 

私がベトナムに赴任した2014年の秋にまず驚いたのはバイクの多さ、そして何よりバイクの排気ガスによる空気の汚さです。運転しているベトナム人、また道を歩いている人でもマスクを着けているので、空気の汚さという点では、みな自覚があるのでしょう。だけど、電気店では空気清浄機を置いていないか、非常に目立たない。日本の空気はベトナムよりキレイだと思いますが、2005年頃から空気清浄機は普及が進んでいて、ポピュラーな家電の1つです。ここにベトナムでの空気清浄機の潜在的なニーズと供給側の体制にギャップを感じました。

 

ベトナム国内での知名度と評価が高まってきた

──SHARPの空気清浄機の強みはなんでしょうか?

 

なんといってもプラズマ・クラスターという弊社独自技術の優位性です。日本ではイオン式空気清浄機(フィルターで空気の汚れを取るだけでなく、空気浄化作用のあるイオンを放出する)が主流で、弊社はこの先駆的存在です。空気中の浮遊ウイルス、細菌、カビ菌、タバコ等のイヤなニオイへの効果と人体への無害性を26以上の外部機関で実証し、数多くの異業種企業とコラボレートしており、非常に信頼があります。国内ではシェア第1位を堅持しており、弊社調査では90%以上の方にプラズマ・クラスターという言葉を認知していただいています。

──空気清浄機をベトナム市場に投入するにあたり、苦労した点はありますか。

 

非常に良いもの、ベトナムでの生活では必需品であるはずなのに、空気清浄機そのものの認知度が低いため、店頭で並べにくいという点でしょうか。しかし地道な足を使った活動で、販売協力店様に実際に商品を見ていただき、丁寧にご説明させていただく事で着実に成果が出ています。この1年で取り扱い店舗は飛躍的に伸びています。読者の方々でも、弊社の空気清浄機を見かけたり、ご購入されている方は多いのではないでしょうか。

 

現地に貢献することが企業の成長につながる

──蚊が取れる空気清浄機を開発されたと聞きましたが、これもローカル・フィットという視点から開発されたのでしょうか。

 

そうです。東南アジアでは毎年、デング熱が流行します。ベトナムも然りです。 蚊を媒体として感染し、時には死にいた る事もあり油断できません。蚊よけと言うと蚊取り線香や殺虫剤が主流ですが、化学物質を空気中に散布するのですからあまり気持ちの良いものではありませ ん。そこでSHARPの開発部門が、空気清浄機を使って、空気をキレイにしな がら蚊を捕まえる事が出来ないか? という発想から生まれた製品です。これは SHARPが大切にしている現地のお客様からのニーズにお応えする「ローカル・ フィット」という考えです。

 

蚊は黒いものに寄って来るという特性を利用し、蚊取り空気清浄機のみ黒いボディーになっています。また蚊が好むUVライトによって蚊を引きつけ、吸い込まれた蚊を内部の粘着シートにより捕獲するという仕組みです。化学物質を散布する事はなく、小さなお子様のいるご家庭でも安心してお使いいただけます。ちなみに、蚊取り空気清浄機はSHARPが世界で初めて開発した、SHARPらしいオンリーワンの商品です。

 

──ベトナムでの反応はいかがでしょうか。

 

予想以上にご好評いただいており、非常に嬉しい限りです。特にホーチミンを中心とした南部での手ごたえを感じます。ハノイは今は低気温、湿度が高い季節ですので、除湿機のニーズのほうが高いですが、同様に今後もチャンスがあると考えています。

 

──今後、空気清浄機をはじめ、家電製品でベトナムの生活環境を良くするためのお考えを教えてください。

 

今後、ベトナムの方々の所得が上がる につれて扇風機を使っていたものをエア コンに変え、洗濯物を手洗いしていたも のが洗濯機に変わりと徐々に生活の変化 が表れてくると考えています。空気清浄 機もその変化の1つでしょう。その時 にSHARPの考えとして、「日本ブラ ンドとしての確かなクオリティー+当地 のお客様のニーズに応えたローカル・フ ィットの商品やサービス」を提供する事 で、より皆さまの生活を快適に、豊かに していきたい。現地の人々の視点を取り入れているから、どこか使いやすい、だから数あるブランド、商品の中でもSH ARPの製品を使うんだと皆様に思っていただけるようなブランドに、皆様と共に成長していきたいと考えております。

 

———————————–

SHARP ELECTRONICS(VIETNAM)CO., LTD.

WebSite: http://www.sharp.vn
〔Head Offce〕 No 9,Dinh Tien Hoang Street,District 1,Ho Chi Minh City.
TEL:+84-8-3910-7499 FAX:+84-8-3910-7500
〔Hanoi Offce〕 5th Floor,Charmvit Office Tower,Tran Duy Hung Street, Cau Giay District,Hanoi.
TEL:+84-4-3556-0766 FAX:+84-4-3556-0798

 

———————————–

山本康司(Koji Yamamoto)

PA VietNam Consulting Co.,Ltd.代表

1974 年生まれ。ベトナムと日本の経済交 流・相互発展を目的とした情報発信のプラットフォーム「日越経済交流フォーラム」 を主宰。「情報は足で稼ぐ」を身上に、ベトナムで奮闘する日本企業と現地代表の生の声を日々集めている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here